4722

情報処理学会論文誌 vol 39 no 5 pp 1225-1231 1998

情報処理学会論文誌 vol 39 no 5 pp 1225-1231 1998

中山 雅人, 廣畑 和紀, 中迫 昇, ``左右の近距離スピーカを利用した音響測距法に基づく立体音場再現手法,'' 電子情報通信学会論文誌 A, Vol.J94-A, No.5, pp.313-322, May. 2011.1 - 20 of 39 items 論文誌(ジャーナル) Vol.59 No.3 表示順 表示数 特集「若手研究者」の編集にあたって. 情報処理学会論文誌,59.栗田, 加藤, 福田, 坂倉, ``印象語によるデータベース の検索,' 情報処理学会論文誌, Vol.33, No.11, pp.1373-1383, 1992. 99 栗田, 大津, 佐藤, ``高次局所自己相関特徴を用いた顔画像の 認識実験について,'' 電総研研究速報, TR-92-5, 1992. 100

渡辺,大久保:コミュニケーションにおける引き込み現象の生理的側面からの分析評価,情報処理学会論文誌,Vol.39,No.5,pp.1225-1231,1998 大久保,渡辺:仮想空間と実空間での3次元形状の好ましさの評価,日本機械学会論文集C編,Vol.64,No.620,pp.1218-1222,1998三井一能, 寺西裕一, 小島 明, 赤間浩樹, 佐藤哲司, 寺中勝美, 鎌原淳三, 下條真司, 西尾章治郎: ``ニュースコンテンツの検索と編集機能を融合するニュースオンデマンドシステムの設計と実現'', 電子情報通信学会 論文誌, Vol. J81-D-II, No. 3, pp. 516-528 (Mar. 1998).情報処理学会創立30周年には「30年のあゆみ」(13)を刊行,また40周年及び45周年には学会創立から現在までに発行された会誌,論文誌,研究報告のすべてを収録したcd-rom/dvd (14-15)を発行した。

関連発表など: 塚田浩二,安村通晃: Ubi-Finger:モバイル指向ジェスチャ入力デバイスの研究, 情報処理学会論文誌, Vol.43, No.12, pp.3675-3684 (2002).

情報処理学会論文誌 vol 39 no 5 pp 1225-1231 1998 download

情報処理学会論文誌 モバイル指向ジェスチャ入力デバイスの研究 塚田浩二 安村通晃 本研究ではモバイル環境において,手指のジェスチャを用いて情報機器や情報家電機器の操作をga を用いた画像認識とそのヘリカルX線CT画像における肺腫瘤陰影検出への適用(李 鎔範,児島敦司,原 武史,藤田広志,伊藤茂樹,石垣武男),画像の認識・理解シンポジウム (miru'98) 論文集ii(情報処理学会),233-238 (1998)情報処理学会論文誌 Vol.58 No.3 726–735 (Mar. 2017) NTMobileを無限の規模に拡大できる 仮想IPv4アドレス管理方式の提案 加古将規1,a) 鈴木秀和1 内藤克浩2 渡邊晃1,b)

情報処理学会論文誌 vol 39 no 5 pp 1225-1231 1998 best

9)本田 新九郎, 富岡 展也, 木村 尚亮, 大澤 隆治, 岡田 謙一,松下 温:"作業者の集中度に応じた在宅勤務環境の提供 - 仮想オフィスシステムValentine",情報処理学会論文誌, vol.39, no.5, pp.1472-1483, (1998.5)著者らは,看護コミュニケーション教育を支援する目的で,仮想病室に患者と看護実習生役のアバタを実装した身体的バーチャルコミュニケーションシステムを開発し,有効性を示した.本システムは,対話者のノンバーバル情報に基づいて対話者の化身であるアバタのノンバーバル行動を生成し,仮想.浅井菜々香, 五箇奏乃子, 重野寛, "モバイルクラウドセンシングにおける持続的な協力のためのインセンティブメカニズム", 情報処理学会論文誌, Vol.61, No.2, pp.397-405,2020年2月.